【難易度別】フルート用の練習曲集/初心者~中級向けの定番エチュードを紹介!表現力を磨くなら練習曲がおすすめ

「フルートを始めたけれど、何を練習したらいいかわからない」
「周りの人たちはどんな練習をしているの?」という悩みは、フルート初心者あるあるです。

  • 音階の反復練習は退屈。曲で練習したい!
  • 色々な雰囲気の曲をやってみたい
  • 曲を通して表現力を身につけたい

そう思っているのであれば、エチュード(練習曲)をやってみましょう。
曲を通して基礎技術と表現力を身につけられます。

初心者でも取り組みやすい簡単な練習曲集から、やや手応えのある中級向けの曲集まで、定番の練習曲を紹介します。

ちょっとだけ用語の解説

エチュードとは?

練習曲のことを別名エチュードと言います。
フランス語のétudeは「勉強、練習」の意味。英語のstudyと同じ意味です。

Opとは?

Opは「オーパス」と読みます。ラテン語のopusを略したもので、「作品番号」という意味です。

目次

ガリボルディ/ミニヨンエチュード Op.131

日本語タイトルミニヨンエチュードOp.131
原語タイトルEtudes mignonnes op. 131
著者ジュゼッペ・ガリボルディ
難易度初心者

ミニヨンは「かわいい」という意味なので、「かわいい練習曲」と翻訳されることもあります。
ガリボルディはミニヨンエチュードの他にもフルートのための練習曲を書いているので、楽譜や録音を探す際はOp.131であることを確認しましょう。

初心者向けエチュードと言えば、これ!

イタリア出身のフルーティスト兼作曲家、ジュゼッペ・ガリボルディの練習曲です。

全20曲、どれも1分半~2分で吹ける短い曲です。

調号(フラット・シャープ)は0~3個で読みやすく、音域も狭いので初心者でも無理なく取り組めます。高音のラ・シ・ド、最低音のドなどフルートが出しにくい音は出てきません。

指使いと音域は易しいですが、スラー・スタッカート・強弱などの指示がたくさん書いてあるので初心者にとって学びの多い練習曲でしょう。

難易度は低めですが、様々な曲調が用意されているので飽きずに20曲吹けます。

アルテフルート教則本1巻に収載されています

日本で一番有名と言っても過言ではない、黄色い表紙が目印の日本フルートクラブ版「アルテフルート教則本 第1巻」の最後にミニヨンエチュード20曲全てが収載されています。

他の出版社から出ているアルテには収載されていません

このアルテ教則本1巻には、楽器の構え方・運指表・スケールなどの練習課題・ガリボルディのエチュード・音楽用語辞典が収載されています。
楽譜だけでなく言葉での説明も充実しているので、もし独学でフルートをやっている初心者の方で、練習曲にも興味があるのならアルテ1巻が手元にあると練習しやすくなるでしょう。

「ミニヨンエチュード」収載のフルート教則本はこちら

フルート教本のスタンダード。ガリボルディ/ミニヨンエチュード全曲収載。
¥3,850 (2023/03/25 07:44時点 | 楽天市場調べ)

単体での出版もあります

アルテ教則本ではなく、ミニヨンエチュードの20曲だけをお求めの方は、以下の出版社から購入できます。

  1. Leduc社(ルデュック社)
  2. Billaudot社(ビヨドー社)
  3. 日本フルートクラブ出版

ルデュックとビヨドーはフランスの出版社です。楽譜を輸入した時期によって価格が変動します。

通販でも入手しやすいビヨドー版はこちら

プリントが綺麗なビヨドー版。
¥1,980 (2023/03/25 07:44時点 | 楽天市場調べ)

M.モイーズ/24の旋律的小練習曲と変奏(初級)

日本語タイトル24の旋律的小練習曲と変奏(初級)
原語タイトル24 Petites Etudes melodiques avec variations
著者マルセル・モイーズ
難易度初級~中級
サンプルページ(クリックで拡大)

サンプル画像は、この曲集の課題No.1-No.2のページです。

30秒~1分程度の短いテーマと、テーマを使った変奏曲で成り立つ練習曲集です。

表現力・強弱・リズム・フレーズの考え方が身に付く一冊としてレッスンでもよく用いられています。レッスンの他、ウォーミングアップや調子が出ない時の練習に使う方も多いです。

テーマだけなら易しいですが、変奏になるとダブルタンギングやオクターブの跳躍などが出てきて少し難しくなります。

おすすめ楽譜/ルデュック版

モイーズのフルート教則本や練習曲集は、似ている表紙・似ているタイトルの曲集がいくつも出版されているので、購入時には注意しましょう。

こちらから購入できます

この曲集を出版しているルデュック社は海外の出版社なので、楽譜を輸入した時期によって価格が変動します。

ケーラー/35の練習曲 Op.33 第1巻

日本語タイトル35の練習曲 作品33 第1巻(15の易しい練習曲)
原語タイトルDer Fortschriff im Flotenspiel op. 33-1(15 leichte Ubungenstucke)
著者エルネスト・ケーラー
難易度初級~中級(アンデルセンOp.41と同等)

ガリボルディのミニヨンエチュードが終わったらケーラーOp.33第1巻に進むのはよくあるパターンです。
レベル的に丁度いい流れです。

ケーラーの練習曲は機械的でなく、親しみやすい曲ばかりです。曲調も様々なので飽きずに練習できます。

ケーラー/35の練習曲Op.33は音大フルート科の試験や、コンクールのフルート部門での課題曲としてよく使用されています。

3巻に分けて出版されています

全部で35曲あるケーラーの練習曲Op.33ですが、難易度ごとに3冊に分けて出版されています。

レベル別・全3巻
  • 第1巻/15のやさしい練習曲
  • 第2巻/12の中級のための練習曲
  • 第3巻/8つの難しい練習曲

初級~中級の方におすすめするのは「第1巻/15のやさしい練習曲」です。

2巻は中級と書いてありますが、だいぶ難しいです。

おすすめ楽譜(1)/カール・フィッシャー版

ケーラーOp.33-1の売れ筋は「カール・フィッシャー」です。
入荷までに時間がかかりがちな海外の楽譜ですが、こちらは多くの人が使う定番の楽譜なので楽器店でも通販でも手に入りやすいです。

第1巻「やさしい15の練習曲」は青い表紙

全35曲の練習曲のうち、初級向けの「やさしい15の練習曲」収載の第1巻。
¥1,870 (2023/03/24 08:57時点 | 楽天市場調べ)

【注意】カール・フィッシャー版は乱丁・誤植が多い

新たな定番「ツィマーマン版」

今までは「カール・フィッシャー版」が定番でしたが、乱丁や音の間違いがあり、初心者にとって使いづらいことから最近は「ツィマーマン版」が主流になりつつあります。

レッスンで先生に教わっているのであれば、間違っている箇所を教えてもらえるのでカール・フィッシャー版を使っても問題ありませんが、独学の方はお気をつけください。

おすすめ楽譜(2)/お得な全曲入り!

レベル別に3冊に分けて出版することが多いケーラーOp.33ですが、35曲すべてを1冊にまとめたお得な楽譜もあります。

35曲ぜんぶ入り!中級以上の曲にも挑戦できます

宮本明恭 校訂。初級~上級まで全35曲入り。
¥1,650 (2023/03/24 08:57時点 | 楽天市場調べ)

おすすめ楽譜(3)/手に入りやすい国内版

2022年4月に音楽之友社からもケーラーOp.33の第1巻が発売されました。
監修はNHK交響楽団の首席フルート奏者でもある神田寛明さんです。

ドレミ楽譜出版社の35曲入り曲集は厚みがあるので「とりあえず初級編の1巻だけ欲しい」という方は、手に入りやすい国内出版のこちらをオススメします。

初級の15曲を収めた第1巻

神田寛明 監修。初級向けの15曲を収載。
¥1,320 (2022/08/17 21:05時点 | 楽天市場調べ)

本版は1880年に出版されたZimmermann社の初版譜を底本として、原典版の指針に基づいて編集している。また、大きな音符による読みやすい楽譜は、演奏者が不要なストレスを抱えることなく演奏に集中するための土台となるだろう。

音楽之友社HPより引用

「大きな音符」で書かれているそうです。大人にはありがたい仕様です。

アンデルセン/18の練習曲 Op.41

日本語タイトル18の練習曲 Op.41
原語タイトル18 Studies op. 41(もしくは18 Petites Etudes OP.41)
著者カール・ヨアヒム・アンデルセン
難易度初級~中級(ケーラーOp.33-1と同等)
シャーマー版サンプル(クリックで拡大)

サンプル画像は、18の練習曲のうち1番の課題です。

この作品は、デンマーク出身のフルーティストであるC.J.アンデルセンによる初級の練習曲です。
この曲に取り組むためには、アルテ教則本1巻を修了する程度のレベルが必要です。ガリボルディのミニヨンエチュードよりやや難易度が上がります。

1分半~2分程度の短い曲が18曲収載されていて、難易度は先ほどご紹介したケーラーOp.33の第1巻と同等です(指はケーラーよりほんの少しだけ忙しそうです)

調号(シャープ・フラットの数)は0~4つまで、長調・短調合わせて18曲です。

おすすめ楽譜/シャーマー版

シャーマー版は通販でも手に入りやすく、他の出版社より値段も手頃なのでおすすめです。

¥1,100 (2023/03/24 08:57時点 | 楽天市場調べ)

シャーマー社は海外の出版社なので、輸入した時期によって価格が変動します。

シャーマー版の特徴として、インクが滲んでいることがあります。この曲集に限らず全体的にかなり濃い目に印刷されています。(もちろん読めないほどではないですよ!)

すっきりキレイに印刷されている楽譜がお好みでしたら、

  1. IMC版(インターナショナルミュージック版)
  2. Billaudot版(ビヨドー版)

を購入すると良いです。どちらもプリントが綺麗です。


この記事で紹介した練習曲集は初心者~中級レベルのものです。
もっと難しいエチュードに挑戦したい方向けの記事もただいま準備中です。おたのしみに!

スケールなどの基礎練習をお探しの方!

目次