【練習曲・中級】アンデルセン/24の練習曲Op.21

フルート中級者向けの練習曲を紹介します。
難易度の目安はアルテフルート教則本 第2巻程度。「ケーラー/練習曲Op.33-1」や「アンデルセン/18の練習曲Op.41」が終わってからチャレンジすると丁度良いと思います。

目次

アンデルセン/24の練習曲Op.21

日本語タイトル24の練習曲Op.21
原語タイトルTwenty-Four Studies,Op.21
著者アンデルセン
難易度中級

1曲当たり2分程度、様々な雰囲気で全調の課題が書かれています。
この本は取り組む人が多く、フルート吹きにとってスタンダードなエチュードです。

指の忙しい練習がたくさん載っています。
(アンデルセンの練習曲ってどれも楽譜真っ黒ですよね…)

おすすめの楽譜

海外の出版社だとシャーマー社やIMC(インターナショナルミュージック)の楽譜が入手できますが、輸入版は取り寄せに時間がかかったり値段が高かったりします。

なので、特に出版社にこだわらないのであれば全音の楽譜をおすすめします。

リーズナブルな国内版!

全音楽譜出版社
¥1,540 (2024/06/12 05:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
注意

アンデルセンはフルートの練習曲集をいくつも書いています。
「18の練習曲Op.41」「24の練習曲Op.15」などタイトルが似ていてややこしいので購入の際はお気をつけください。
このページで紹介しているのは【24の練習曲Op.21】です。

参考演奏

アンデルセン/24の練習曲Op.21 第1曲

フルーティスト岩崎花保さんの演奏がYoutubeで聴けます。
上記の動画は1曲目のみです。全曲聞いてみたい方は岩崎さんのチャンネルをチェックしてみてください。

動画と同じ楽譜はこちら

輸入楽譜(シャーマー版)
¥2,750 (2024/06/12 05:50時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

他にもエチュードは色々

フルートの有名な練習曲集15冊を難易度別にまとめたページはこちらです。
初級~上級まで紹介しているので参考になさってください。

目次