【練習曲・中上級】カルク=エラート/30の奇想練習曲Op.107

中上級者向けのフルート用エチュードを紹介します。
カルク=エラート(1877年11月21日-1933年4月9日)はドイツの作曲家です。

目次

カルク=エラート/30の奇想練習曲Op.107

日本語タイトル30の奇想練習曲Op.107(30のカプリス)
原語タイトル30 CAPRICES,OP.107
著者ジークフリート・カルク=エラート(Sigfrid Karg-Elert)
難易度中上級

カルク=エラート(1877-1933)は、バルトークやエネスコと同じ時代に活躍したドイツの作曲家。
オルガンのための作品を特に多く残しています。

名前のスペルはKarg-Elertで、カルク=エーレルトとも呼ばれます。
フルート奏者にとっては無伴奏ソナタ「アパッショナータ」でおなじみです。

このカプリスではNo.30の課題「シャコンヌ」が特に有名で、単独で演奏される機会が多いです。

出版情報

カールフィッシャー版が入手しやすいのでおすすめです。
他にはIMC(インターナショナルミュージック)やカルマス社からも出版がありますが、入荷までに時間がかかる可能性があります。

入手しやすいカールフィッシャー版

カールフィッシャー版(輸入楽譜)
¥2,860 (2024/02/09 21:19時点 | 楽天市場調べ)

参考演奏

カルク=エラート/30のカプリスOp.107

flute yoshizonoさんの演奏がYoutubeで聴けます。
上記の動画に30曲すべて収録されているので、聴きたいところにシークして聴いてみてくださいね。

他にもエチュードは色々

フルートの有名な練習曲集15冊を難易度別にまとめたページはこちらです。
初級~上級まで紹介しているので参考になさってください。

目次