【練習曲・初級】ガリボルディ/ミニヨンエチュード Op.131

初級のフルート用エチュードを紹介します。
ミニヨンエチュードOp.131は、調号(♭#)は0~3個で読みやすく、音域も狭いので初心者でも無理なく取り組めます。

ちょっとだけ用語解説

エチュードとは?

練習曲のことを別名エチュードと言います。
フランス語のétudeは「勉強、練習」の意味。英語のstudyです。

Opとは?

Opは「オーパス」と読みます。ラテン語のopusを略したもので、「作品番号」という意味です。

目次

ガリボルディ/ミニヨンエチュード Op.131

日本語タイトルミニヨンエチュードOp.131
原語タイトルEtudes mignonnes op. 131
著者G.ガリボルディ
難易度初級

ミニヨンは「かわいい」という意味なので、「かわいい練習曲」と翻訳されることもあります。
ガリボルディはミニヨンエチュードの他にもフルートのための練習曲を書いているので、楽譜や録音を探す際はOp.131であることを確認しましょう。

初心者用エチュードの定番

フルーティスト立花雅和さんの演奏

イタリア出身のフルーティスト兼作曲家、ジュゼッペ・ガリボルディの練習曲。

ガリボルディのミニヨンエチュード0p.131はフルート吹きが最もよく演奏する練習曲です。
(ピアノで言うところのブルグミュラー25の練習曲のような位置づけ)

全20曲、どれも1分半~2分で吹ける短い曲です。

調号(♭#)は0~3個で読みやすく、音域も狭いので初心者でも無理なく取り組めます。
高音のラシド、最低音のドなどフルートが出しにくい音は出てきません。

指使いと音域は易しいですが、スラー・スタッカート・強弱などの指示がたくさん書いてあるので初心者にとって学びの多い練習曲でしょう。

難易度は低めですが、明るい曲から暗い曲まで様々な曲調が用意されているので飽きずに20曲吹けます。

アルテフルート教則本1巻に収載されています

黄色い表紙が目印の日本フルートクラブ版「アルテフルート教則本 第1巻」の最後に、付録としてミニヨンエチュード20曲全てが収載されています。

他の出版社から出ているアルテには収載されていません

このアルテ教則本1巻は昔からあるスタンダードな教則本です。
楽器の構え方・運指表・スケールなどの練習課題・ガリボルディのエチュード・音楽用語辞典が収載されているお得な1冊。

フルート教本のスタンダード。ガリボルディ/ミニヨンエチュード全曲収載。
¥3,850 (2024/02/19 23:30時点 | 楽天市場調べ)

ミニヨンエチュードだけの楽譜

ミニヨンエチュードだけを単体でも入手できます。
おすすめは手に入れやすく印刷が綺麗なBillaudot版(ビヨドー版)です。

ビヨドー社はフランスの出版社です。輸入した時期によって価格が変わることがあります。

通販でも入手しやすいビヨドー版

プリントが綺麗なビヨドー版。
¥1,980 (2024/02/19 23:30時点 | 楽天市場調べ)

他にもエチュードは色々

フルートの有名な練習曲集15冊を難易度別にまとめたページはこちらです。
初級~上級まで紹介しているので参考になさってください。

目次