【フルートソロ】J.S.バッハ/管弦楽組曲第2番

中級のソロ曲を紹介します。
曲の雰囲気や難易度をまとめているので、選曲の参考にしてください。

難易度の表記は、アルルの女「メヌエット」をとして基準にしています。

目次

楽曲の詳細

原題Orchestral Suite no.2 in B minor BWV1067
邦題管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ/Johann Sebastian Bach
作曲年1730年頃
難易度
演奏時間20分
雰囲気バロック、格式高い
  • Ouverture(序曲)
  • Rondeau(ロンド)
  • Sarabande(サラバンド)
  • Bourrée I & II(ブーレ1・2)
  • Polonaise(ポロネーズ)
  • Menuet(メヌエット)
  • Badinerie(バディネリ)

この曲はフルートソロと弦楽合奏のための作品。
現代ではフルートとピアノで演奏されることもあります。

作曲当時はトラヴェルソが使われていました。
(現代のようなキーがたくさん付いたフルートはこの曲が作曲されたおよそ120年後に発明されます)

トラヴェルソは音量が控え目で素朴な音色、指使いも複雑な楽器です。
そのため音の並びはシンプルで強弱やアーティキュレーションは細かく書かれていません(近年になって発売された名曲集だと加筆されていたりします)

本来は7曲からなる組曲ですが、フルート用の名曲集だとポロネーズとバディネリだけが抜粋で収載されていることが多いので、その2曲が特によく演奏されています。

楽譜

フルートソロとピアノ伴奏で演奏する楽譜です。
ドイツの老舗出版社・ペータースから出版されています。

出版:ペータース
¥3,630 (2024/05/19 23:03時点 | 楽天市場調べ)

参考演奏

フルート独奏はエマニュエル・パユです。

Amazon Musicでは、フルートソロやアンサンブル作品も充実しています。
広告なし・高音質で聴き放題!オフライン再生もできます。聞ける楽曲はAmazon Music Unlimited公式サイトで検索できます。

\1ヵ月無料で体験


\ おすすめ記事 /

目次