【フルート4重奏】グランド・カルテット/クーラウ

目次

楽曲の詳細

フルート四重奏のアンサンブル作品。
演奏会やアンサンブルコンテストでしばしば演奏される、フルート奏者にとって重要なレパートリーです。

第1楽章はホ長調で明るく始まりますが、15小節目からホ短調に移り変わります。
技術的にはさほど難しくないので中級レベルで取り組める曲です。

原題Grand Quartet in E Minor Op.103
邦題グランド・カルテット ホ短調Op.103
作曲者Friedrich Kuhlau
作曲年1829年ライプツィヒ
編成4Fl
全曲の演奏時間22分30秒
難易度中級

作曲者について

フリードリヒ・クーラウ(1786年9月11日-1832年3月12日)はドイツ出身の作曲家でありピアニスト。デンマークに移住し、宮廷音楽家として活動していました。

同じ時代に活躍していたベートーヴェン(1770-1827)と作風が似ていることから「フルートのベートーヴェン」と呼ばれることもあります。

クーラウはピアノ作品とフルート作品を多く残しています。

演奏時間

全曲:約22分

  • 第1楽章:Andante maestoso(9分30秒)
  • 第2楽章:Scherzo/Allegro assai(3分)
  • 第3楽章:Adagio molto con espressione(4分10秒)
  • 第4楽章:Rondo/Allegro assai(4分50秒)

グランド・カルテットの楽譜

¥2,451 (2024/04/22 01:35時点 | Amazon調べ)

Amazonの商品ページだとA-Minor(イ短調)と書いてありますが、E-Minor(ホ短調)の間違いです。楽譜の表紙にはE-Minorと書いてあります。

参考演奏

最も演奏機会の多い第1楽章です。
(2楽章以降は別のページで公開されています)

Amazon Musicでは、フルートソロやアンサンブル作品も充実しています。
広告なし・高音質で聴き放題!オフライン再生もできます。聞ける楽曲はAmazon Music Unlimited公式サイトで検索できます。

\1ヵ月無料で体験

フルート四重奏まとめ

目次